HAMADORI 6000PRODUCTS

ハマドリ6000HAMADORI 6000

「HAMADORI6000」とは、航続時間8時間、
航続距離740kmの長時間・長距離飛行を
可能にした翼幅6mの大型飛行艇型ドローン

飛行艇型が可能にする飛行と水上航行で、
高い機動性と運用性能を実現
(水素燃料電池搭載・完全自律制御・全天候対応)

幅広い分野を想定した活用例

観測予定地から近い港まで機体を陸送し、最大200海里の沖合まで行って帰ってくることが可能です。上空からのセンシング、水面に着水してのサンプル採取もできます。また水面を航行しながらのマルチビームソナーによる深浅測量や、水中構造物のアセットマネジメント、海底異常物調査にも対応。海底局とHAMADORI6000で通信中継を行い、海底地殻変動の詳細な観測にも貢献できます。排他的経済水域までをカバーする飛行性能は、外国漁船の監視や離島の保全、物流にもご活用いただけます。

海上監視(警備・救難・防災)
気象海象観測

観測希望地上空からの高精度なセンシングがかないます。国境警備、海難救助、防災や、気象海象観測に貢献します。夜間の運用や自動オブジェクトトラッキングにも対応。

海面色・大気観測
火山監視

海中に含まれる物質による海面色の変化から、水中に含まれる物質量などを推定する「大気補正」のデータ収集に貢献します。ほかにも火山監視などにも活用可能。

塩分・水温観測

HAMADORI6000からプローブを投下し、センサーを用いて塩分・水温を測定します。塩分と水温がわかると海水の密度がわかり、海水の特性や流れの解析などにも活用可能です。

海水採取
(生物・海中DNA・プラごみ)

海洋微生物の99%が培養不可能であることから、海水を採取し、そこに含まれるDNAを調べる「海中DNA調査」に貢献。海洋生物の多様性の維持や資源の適切な管理に活用可能。

マルチビームソナー
海底測深

マルチビームソナーによる広範囲・高精度の測量や水中構造物のアセットマネジメント、海底ゴミの分布調査や海底ケーブル・パイプラインルートの調査にも貢献します。

海底局/AUVとの通信中継
海底地殻変動観測

陸上での地殻変動はGPS測位が主流ですが、海底では音波の到達時間を計測する音響測距が主流。海底の音響受信器(海底局)との通信で詳細な地殻変動観測に貢献します。

荷物の運搬

注目を集めるドローン物流分野では海上発着できる特徴を生かし、災害時の迅速な医療物資運搬や海上船舶への物資輸送など「海」にまつわるドローン物流に貢献します。

カスタマイズできる高い拡張性能

目的に応じた多彩なセンサーを搭載できる高い拡張性で、
様々な観測・監視データを提供可能。

A
  • EO/IRカメラ:監視、捜索、海面色観測など
  • ジャイロセンサー:風速計等、海況・風況観測など
Bユニバーサルペイロードベイ(電源と通信インフラの提供)
  • ソナー:深浅測量
  • ハイドロフォン:海洋生物
  • 採水機構:水質・海中DNA
  • 音響通信機:海底局・AUVとの通信
  • XBT/XCTD:水温・塩分
  • 目的に合わせた機器を搭載可能

運用データの納品までの流れ

LOS通信では難しい遠方でも衛星通信を利用し
リアルタイムで運用データを確認可能。

機体スペック

全 長3000-4000mm
翼幅5000-6000mm
離陸重量110kg
ペイロード5kg~
航続時間480分程度
巡航速度時速110km(60ノット)
航続距離740km(400海里)
滑走距離30m程度
着水波高3.0m~
動力電動モーター+水素燃料電池
通信衛星通信/LOS通信
搭載カメラEO/IR
発着方法水上滑走